KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)ブランド紹介。デザイナー経歴、特徴、おすすめアイテム、価格帯、取扱店舗など。

ドメスブランド
スポンサーリンク

KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)とはどのようなブランドなのか?

はい!みなさんこんにちは!ドメス・インポートブランドの紹介や購入品の紹介、服についての小ネタなどを提供するブロガーのしげです!さてさて今回は、KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)というブランドについてご紹介します。


スポンサーリンク

~今回のテーマ~

  1. デザイナーは誰が務めているのか?
  2. ブランドの設立年、特徴、歴史、評判はどうなのか?
  3. アイコニックなアイテム、おすすめのアイテムは何があるのか?
  4. 価格帯はどれくらいなのか?
  5. 挑戦したい方へ!取扱店舗はどこなのか?

View this post on Instagram

・ fitting FW19 #keisukeyoshida

A post shared by KEISUKEYOSHIDA (@keisuke_dayoshi) on


KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ) のデザイナー


KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)のデザイナーを務めているのは、その名の通り、吉田 圭佑(ケイスケ ヨシダ)さんです。

1991年東京都生まれ。立教大学文学部卒業し、ここのがっこう、エスモードジャポンを経て、2015年秋冬より、KEISUKEYOSHIDAを開始。 2016年春夏より東京コレクションに参加しました。


KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)の特徴、歴史、評判について


KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)は、2015年秋冬より設立された、ドメスティックブランドです。「東京ニューエイジ」に参加しランウェイ形式でコレクションを発表しました。

ブランドのコンセプトは、”明るいのか暗いのかわからない青春の空気と、そこにいる彼らの装い”です。


KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)のおすすめアイテム


さて!ここではKEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)のアイコニックなアイテムや、 ブロガーのしげ が独断と偏見で選んだ、おすすめのアイテムを紹介していこうと思います!


ベルテッドコート

【中古】KEISUKE YOSHIDA/コート/–/–/BEG/無地/ロングトレンチ/リンゴ/エポレット/ドメス【メンズウェア】
価格:38390円(税込、送料別) (2020/2/7時点)楽天で購入

KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)といえば、まず一番に思いつくのがこちらのトレンチコートです。前身ごろで結べるようになっているデザインで、トレンチコートの良さが詰まったかっこいい一着ですね。


千鳥柄ノースリーブコート

View this post on Instagram

・ fitting FW19 #keisukeyoshida

A post shared by KEISUKEYOSHIDA (@keisuke_dayoshi) on

ノースリーブと千鳥柄を掛け合わせたコートです。長いベルトも特徴的でとてもかっこいいです。


ダッフルパンツ

ダッフルコートのようなディテールが落とし込まれたハイセンスなパンツです。サイズはフリーなのでほとんどの方が着用できます。


価格帯 ★★★☆☆


今回ご紹介させていただいた、KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)!こちらの記事を見ていただいた読者の方の中にはこれを機に、KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)に挑戦してみたい!という方もいると思うので、価格帯を調査してみました!

  • ジャケット・アウター・コート類    4万円~15万円前後
  • トップス類              2万円~7万円前後
  • パンツ類               4万円~7万円前後


KEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)の取扱店舗


さて!ここでは今回ご紹介したKEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)を取り扱っている店舗をいくつかピックアップして紹介していきます。

View this post on Instagram

・ FW19 backstage photo : @kisshomaru #keisukeyoshida

A post shared by KEISUKEYOSHIDA (@keisuke_dayoshi) on


KAKA☆VAKA

404 ERROR FILE NOT FOUND - 指定されたページが見つかりません。


いかがでしたでしょうか?これを機に読者の皆様がKEISUKE YOSHIDA(ケイスケ ヨシダ)を好きに、またはもっと好きになってくれればと思います!

タイトルとURLをコピーしました