MATSUFUJI(マツフジ) ブランド紹介。デザイナー経歴、特徴、コレクション、名作、おすすめアイテム、価格帯、取扱店舗など。

アイテム紹介
スポンサーリンク

権威と労働にひもずく衣服をヒントに服作りを提案するブランド、MATSUFUJI(マツフジ)とは?

みなさんこんにちは!ドメス・インポートブランドの紹介や購入品の紹介、服についての小ネタなどを提供するブロガーのしげです!さてさて今回は、MATSUFUJI(マツフジ)というブランドについてご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

MATSUFUJI(マツフジ)のデザイナー

MATSUFUJI(マツフジ)のデザイナーを務めているのは、松藤 勉(マツフジ ツトム)さんです。

日本のデザイナーズブランドです。

経歴

松藤さんは、過去にCHRISTIAN DADA(クリスチャンダダ)で様々な経験を積んでいます。

それ以前の松藤さんは、上田安子服飾専門学校にてデザインを学んでいました。

そして2014年の春夏コレクションより、先ほども書きましたCHRISTIAN DADA(クリスチャンダダ)に参加し、PRから企画、生産や販売まで多岐にわたってサポートしていましたが、特にメンズのMDや生地開発で大いに活躍しました。

しかし、そんな中クリスチャンダダは2020年の1月で休止してしまい、南青山にある直営店やオンラインストアは閉店してしまいました。

7年間在籍した松藤さんは、それでも服作りを継続したいと考え、自身のブランドであるMATSUFUJI(マツフジ)を設立しました。

MATSUFUJI(マツフジ)の特徴、歴史、評判

ブランド設立年・経歴

マツフジは2020年秋冬コレクションよりスタートしました。

日本に拠点を置いて活動しています。

デザイン性・特徴

ブランドコンセプトは、“個人の特有性を認識できる衣服“

権威と労働にひもずく衣服をヒントに、 現代の技術と伝統的なクラフトを日常から受けたインスピレーションを元に組み合わせ、 ユーモアあるメンズウェアを提案しています。

メインターゲットは、デザイナーの松藤さんと同世代の30代半ばの層。

『メンズ服は全てワークウェアだと思う。』という松藤さんの思想のもと、ディテールや素材などワークウェアのアイデアを所々に採用しているアイテムが多数提案されています。

MATSUFUJI(マツフジ)の名作・おすすめアイテム

デニムジャケット

21FWのアイテムです。

ブランド初になるデニムで注目を集めていたアイテムだと思います。

ウォッシュがかかっているものと、かかっていないものが展開されていたと思います。

一見するとシンプルなデニムジャケットですが、裾元や袖元にベルトがついていたりと細々としたでティールが凝っているのがわかります。

写真ではわかりづらいですがステッチワークもとても美しいです。

価格帯

今回ご紹介させていただいた、MATSUFUJI(マツフジ)ですが、こちらの記事を見ていただいた読者の方の中にはこれを機に挑戦してみたい!という方もいると思うので、価格帯を調査してみました。

  • ジャケット・アウター・コート類    5万円~10万円前後
  • トップス類              3万円~5万円前後
  • パンツ類               3万円~4万円前後

ドメスブランドということもあり、比較的手に取りやすい価格帯だと思います。

個人的にはシャツが素晴らしいと思っているので、機になる方はぜひ手に取ってみてください。

2次市場にもいい状態のものが何点かありますので、今回私なりにピックアップしてみました。もしよろしければご覧ください。


いかがでしたか?

これからもファッションについて発信していきたいと思っています。他にも様々なブランドを紹介している記事を書いていますのでぜひ読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました