Uma Wang(ユマワン)ブランド紹介。デザイナー経歴、特徴、おすすめアイテム、価格帯、取扱店舗など。

インポートブランド
スポンサーリンク

業界から高い評価を集めている独創的な中国ブランド!Uma Wang(ユマワン)を徹底解説!

はい!みなさんこんにちは!ドメス・インポートブランドの紹介や購入品の紹介、服についての小ネタなどを提供するブロガーのしげです!さてさて今回は、Uma Wang(ユマワン)というブランドについてご紹介します。


スポンサーリンク

~今回のテーマ~

  1. デザイナーは誰が務めているのか?
  2. ブランドの設立年、特徴、歴史、評判はどうなのか?
  3. コレクションピースを紹介!
  4. アイコニックなアイテム、おすすめのアイテムを紹介!
  5. 価格帯はどれくらいなのか?
  6. 挑戦したい方へ!取扱店舗はどこなのか?


Uma Wang(ユマワン)のデザイナー


Uma Wang(ユマワン)のデザイナーを務めているのは、王汁(Uma Wang)さんです。

中国繊維大学を卒業した後、セントラル・セント・マーチンズ学院でファッションを学んでいます。

中国繊維大学とセントラル・セント・マーチンズで学んだデザイナーは、ニットと布帛の融合を得意とし、洗練されたスタイルと独創的でエッジィなムードのバランスを追求し続けています。


Uma Wang(ユマワン)の特徴、歴史、評判について


Uma Wang(ユマワン)は2009年に設立された中国のブランドです。

2009年に設立以来、パリ、ロンドン、上海、ミラノのファッションウィークでコレクションを披露し、「up and coming talent」や「Vogue Italia」で評価を受けました。

2011年にはミラノ・ファッションウィークにデビューし、2017年からはパリ・ファッションウィークにデビューしました。

中国繊維大学セントラル・セント・マーチンズ学院で学んだ知識によって、ニットと布帛の融合を得意とし、洗練されたスタイルと独創的でエッジィなムードのバランスを追求し続けています。


Uma Wang(ユマワン)がパリで発表した2020年春夏コレクション。


Uma Wang(ユマワン)がパリで発表した20SSのコレクションです。


Uma Wang(ユマワン)のおすすめアイテム


さて!ここではUma Wang(ユマワン)のアイコニックなアイテムや、 ブロガーのしげ が独断と偏見で選んだ、おすすめのアイテムを紹介していこうと思います!


プリントジャケット

おかめや、般若などがプリントされているジャケットです。

サイドに結び留めがついているので、様々なシルエットが楽しめます。


市松柄コート

和のテイストも感じられる市松柄のコートです。

オーバーサイズなので今っぽくバサッと着衣できます。


フローラルドレス

お花の模様がプリントされたドレスです。

かなりロング丈で、ドレープ感が印象的です。


価格帯 ★★☆☆☆


今回ご紹介させていただいた、Uma Wang(ユマワン)!こちらの記事を見ていただいた読者の方の中にはこれを機に、挑戦してみたい!という方もいると思うので、価格帯を調査してみました。

  • ジャケット・アウター・コート類    10万円~30万円前後
  • トップス類              4万円~15万円前後
  • パンツ類               6万円~12万円前後


Uma Wang(ユマワン)の取扱店舗・通販・オンラインショップ



Farfetch

Access Denied


BUYMA

UMA WANG(ユマワン)【BUYMA】
【BUYMA】UMA WANG(ユマワン)の最新作から定番人気アイテムまで徹底網羅。日本未入荷や入手困難なレアアイテムも全世界のパーソナルショッパーからいますぐ買える!


YOOX

https://www.yoox.com/jp/%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9/shoponline/uma%20wang_md/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%86%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9_mc


View this post on Instagram

#autumnmood #flagshipstore #FW15 #UmaWang

A post shared by UMA WANG (@umawangofficial) on

いかがでしたでしたか?これを機に読者の皆様がUma Wang(ユマワン)を好きに、またはもっと好きになってくれればと思います!

これからも、ファッションについて発信していきます。

ほかの記事もぜひ読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました