FACTOTUM(ファクトタム)ブランド紹介。デザイナー経歴、特徴、コレクション、おすすめアイテム、価格帯、取扱店舗など。

ドメスブランド
スポンサーリンク

デニムに対する思いが深すぎるブランド、FACTOTUM(ファクトタム)とは?徹底解説します。

みなさんこんにちは!ドメス・インポートブランドの紹介や購入品の紹介、服についての小ネタなどを提供するブロガーのしげです!さてさて今回は、FACTOTUM(ファクトタム)というブランドについてご紹介していこうと思います。


スポンサーリンク

~今回のテーマ~

  1. デザイナーは誰が務めているのか?
  2. ブランドの設立年、特徴、歴史、評判はどうなのか?
  3. コレクションピースを紹介!
  4. アイコニックなアイテム、おすすめのアイテムを紹介!
  5. 価格帯はどれくらいなのか?
  6. 挑戦したい方へ!取扱店舗はどこなのか?


FACTOTUM(ファクトタム)のデザイナー


FACTOTUM(ファクトタム)のデザイナーを務めているのは、有働幸司さんです。

デザイナーの経歴

FACTOTUM(ファクトタム)のデザイナーは、有働幸司(Koji Udo)さんです。

彼は、1971年に熊本で生まれました。

東京モード学園にてファッションを学び、卒業後はBEAMS(ビームス)に入社しました。

BEAMS(ビームス)退社後は、ロンドンに留学しました。

ロンドン帰国後は、八重樫学さん東郷達也さんとともに3人でラウンジリザードを設立しました。

その後、デザイナーの有働幸司さんは独立のためにラウンジリザードから脱退し、2004年にブランドを設立しました。

FACTOTUM(ファクトタム)の特徴、歴史、評判について

ブランド設立年

FACTOTUM(ファクトタム)2004年より設立された、ドメスティックブランドです。

2011年春夏シーズンより、レディースラインの、FACTOTUM FEMME(ファクトタム ファム)を開始しました。

さらに2015年より新ラインのVALLIS by FACTOTUM(ヴァリス バイ ファクトタム)が登場しました。

ブランド名

ブランド名の”ファクトタム”は、ラテン語で”勝手に生きろ”という意味です。

ブランドコンセプト

ブランドコンセプトは”デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズを融合すること。”です。

デザイン性・特徴

ファクトタムのコレクションはミリタリーや、ワークウェアをベースにしており、そこにテーラードの要素が加わっています。

映画や、音楽、街とその人々、本、など毎シーズンテーマを設定しており、ファクトタムのデザイナーである、 有働幸司(Koji Udo)さんはそのテーマ、インスピレーションを探究するために、実際にテーマとなる国を訪れて、出会った人や風景、空気から着想を得て服作りを行っています。

実際に、チベット、ネパール、アメリカなどに足を運んでいます。

ブランドの歴史

2004年より、FACTOTUM(ファクトタム)を設立しました。

2006年より、直営店をオープンしました。

2007年秋冬シーズンより、東京コレクションからランウェイ形式の発表をスタートしました。


FACTOTUM(ファクトタム)が発表したコレクション。


20SS


19AW


18AW

次のページでは、価格帯、取扱店舗を紹介していきます!

タイトルとURLをコピーしました