Soduk(スドーク)ブランド紹介。デザイナー経歴、特徴、おすすめアイテム、価格帯など。

ドメスブランド
スポンサーリンク

Soduk(スドーク)とはどんなブランドなのか?

はい!みなさんこんにちは!さてさて今回は、kudos(クードス)というブランドについてご紹介します。


スポンサーリンク

デザイナーは、工藤 司(Tukasa Kudo) さん。


Soduk(スドーク)のデザイナーを務めるのはこちらの男性、工藤 司(Tukasa Kudo)さんです。 早稲田大学を卒業した後、アントワープ王立芸術学校に進みました。ですが中退し、その後はJW ANDERSON(ジェーダブルアンダーソン)でデザインアシスタントを経験し、Y/PROJECT(ワイプロジェクト)でパターンアシスタントとして経験を積みました。 その後2017年に帰国しました。


2018年に設立。Soduk(スドーク)の特徴・歴史など。


「スドーク」は、「クードス」の”鏡”のようなブランドとして展開。

これまでクードスで展開されたデザインやディテールをウィメンズに落とし込んだアイテムを展開する。


工藤 司(Tukasa Kudo)さんの務めるKudos(クードス)。


Sodukのデザイナーを務める、工藤 司(Tukasa Kudo)さんですが、Kudos(クードス)というブランドも務めています。

Kudos(クードス)については、こちらの記事をご覧ください。


Soduk(スドーク)のおすすめアイテム!


19AW センタースリットフレアデニムパンツ

こちらは19AWのセンタースリットデニムパンツです。こちらの写真のようにメンズも着用できるサイズ感です。センターについているフリンジが特徴的でとてもかっこいいです!


ダブルホールスウェット

こちらはアイコンアイテムのダブルホールニットです。
本来の着方に加え、中央部のラインより顔を出すことで、クルーネックを着たようなスタイルや、前後逆に着ることで背中にアクセントを持たせることもできます!


18AW セットアップ

こちらは18AWのセットアップです。中央で生地が切り替わっていて丈も段がついているデザインです。パンツも同色の配色で前後切り替わっています。


価格帯 ★★★★☆


  • アウター・ジャケット類     4万円~13万円
  • トップス            2万円~3万円前後
  • パンツ類            3万円~6万円前後

いかがでしたでしたか?これを機に読者の皆様がsoduk(スドーク)を好きに、またはもっと好きになってくれればと思います!

これからも、ファッションについて発信していきます。

ほかの記事もぜひ読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました