RAINMAKER(レインメーカー)ブランド紹介。デザイナー経歴、特徴、おすすめアイテム、価格帯、取扱店舗など。

ドメスブランド
スポンサーリンク

テーラリングを得意とするブランド。RAINMAKER(レインメーカー)を徹底解説!

はい!みなさんこんにちは!ドメス・インポートブランドの紹介や購入品の紹介、服についての小ネタなどを提供するブロガーのしげです!さてさて今回は、RAINMAKER(レインメーカー)というブランドについてご紹介します。


スポンサーリンク

~今回のテーマ~

  1. デザイナーは誰が務めているのか?
  2. ブランドの設立年、特徴、歴史、評判はどうなのか?
  3. コレクションピースを紹介!
  4. アイコニックなアイテム、おすすめのアイテムを紹介!
  5. 価格帯はどれくらいなのか?
  6. 挑戦したい方へ!取扱店舗はどこなのか?


RAINMAKER(レインメーカー)のデザイナー


RAINMAKER(レインメーカー)のデザイナーを務めているのは、渡部宏一(Koichi Watanabe)さんです。

デザイナーの渡部宏一(Koichi Watanabe)さんは、もともとはN4(エヌフォー)の立ち上げメンバーのひとりでした。

N4(エヌフォー)で活躍したその後、自身のブランドであるRAINMAKER(レインメーカー)を立ち上げました。


RAINMAKER(レインメーカー)の特徴、歴史、評判について


RAINMAKER(レインメーカー)は2013年秋冬シーズンより設立された、ドメスティックブランドです。

京都を拠点に活動しており、主にメンズブランドを展開しています。

2013年の秋に、京都に旗艦店をオープンし、2018年春夏コレクションからはウィメンズコレクションをスタートさせました。


RAINMAKER(レインメーカー)が発表したコレクション。


20SS

19AW

19SS

18SS

17AW

タイトルとURLをコピーしました